工法紹介

METHOD

アンカーピンニング樹脂注入併用工法

モルタル壁面やタイル壁面が躯体コンクリートから浮いている場合は、エポキシ樹脂注入とステンレス製アンカーピンを併用し、剥落を防止します。

クラックUカットシーリング充填工法

漏水が発生している場合に原因となるひび割れや、漏水の恐れがあるひび割れ、補修を行った後に再発の恐れがあるようなひび割れなどに適した工法です。

鉄筋爆裂部補修

鉄筋爆裂部の補修は爆裂した部位のコンクリートを破砕(はつり=解体作業)、できるだけ鉄筋を露出させた後に錆びている部分を落とし、浸透性防錆剤を塗布し、防錆ペーストで鉄筋表面を処理後、接着性が高いカチオン系モルタルで再度塞ぐ方法が用いられています。

鉄部ウレタン塗装

鉄筋爆裂部の補修は爆裂した部位のコンクリートを破砕(はつり=解体作業)、できるだけ鉄筋を露出させた後に錆びている部分を落とし、浸透性防錆剤を塗布し、防錆ペーストで鉄筋表面を処理後、接着性が高いカチオン系モルタルで再度塞ぐ方法が用いられています。

シーリング打替え

建物の外壁を構成する外装パネル(サイディングボード・ALCパネルなどの外装材)・コンクリート・タイル・モルタル・ガラス・サッシ間など、様々な部位の各種部材間(目地)に防水性・気密性を確保する目的で行なう工事です。 コーキングとも言われています。

アクリルゴム系外壁化粧防水

コンクリート外壁は乾燥収縮や構造的な原因によりひび割れが発生し、そこから雨水が浸入して漏水や鉄筋腐食などの問題を発生させていきます。 アクリルゴム系外壁化粧防水材は長期の柔軟性があり、コンクリートにひび割れが発生しても防水塗膜により雨水の浸入を防ぎます。

塩ビシート防水工事

塩化ビニル樹脂系のシート状の材料1枚で構成された防水層です。屋外での日光による紫外線、熱、オゾンに対し優れた耐久性を持っています。

塩ビシートは素材自体が予め着色され高い耐久性があるため、防水層のメンテナンスとして一般的な保護塗装が原則不要になり維持管理費も節約することができるのがメリットです。

ウレタン塗膜防水

液体ウレタン塗膜防水材を塗布する事によって、防水層を形成する工法です。下地の形状になじみやすく、密着性に優れている為、既存防水ぼ層上への塗り重ねによる改修が可能であり、防水層が軽量であるので、建物への負担が少ないです。

アステックペイントのご紹介

ASTEC PAINTS

astec01

耐久性・防水性・経済性・遮熱性に優れたアステックペイント

太成産業は耐久性・防水性・経済性・遮熱性に優れたアステックペイントを使用しております。 表層樹脂が劣化し、チョーク(白墨)のように粉状になって現れるチョーキング現象がアステックペイントは7年経っても、この現象が見られません。

アステックペイントの特徴

FEATURE

CONTACT

お問合わせ

  • [受付時間]9:00〜17:00
  • [休業日]年末年始・当社指定日